住宅地の地盤を調査する

工事

地震による災害が起こった時に住宅を崩壊させないためにも、必ず地盤調査を行う必要があります。調査の方法には様々なものがありますが、もっとも一般的なものがスウェーデン式サウンディング試験です。その他にも複数の調査方法を実施することで、安心して住宅建築することができます。

防火対策に関わるサポート

ヘルメット

防火対象物点検は、平成15年度から建物の責任者に義務付けられた制度です。建物やそこに関わる人たちを守っていくため、安全基準に達しているかを点検していく内容となっています。このような適切な対策を案内し、防火対象物点検を行い報告書をまとめてくれるサポート業務が多くの企業から選ばれています。

建物を建てる

工事現場

調べることで備えられます

住宅などを建てる際に立てる場所の地質がどうなっているのかを知ることは非常に重要なことです。同じように見える地面でも実際には異なった性質を持っている場合があります。地質調査を行うことによって地面の中を診断することができます。何が分かるのかということですが、地すべりやがけ崩れなどが起こりやすい場所を特定したり地下水などがあるかなどを調べることもできます。それらを調べることで危険性を予知したり地下にどのような資源があるのかということも知ることができます。地質調査は住宅を建てるために重要であることはもちろん様々なことに有益な情報をもたらします。しっかりと地面の下を調べることは非常に重要で大切な作業です。

知って得なこともあります

住宅を建てるときに、その場所の地質を調べることは非常に重要なことです。しかし地質調査を行う方法は様々でどのように調査を依頼したらいいのかも分からないということも出てきます。基本的な調査については先端にスクリューのついたものを回転させて地中深くに埋めていくことでどこまで沈むかを調べていきます。一見、調査を行うことで費用がかさむように感じるかもしれないですが実際に地盤改良の必要な土地を購入してしまってから改良工事をする費用のほうが高くなることは確実です。それであれば事前に地盤の内容を地質調査で調べておくことで現在の状態だけでなく今後の地盤の状態がどうなっていくのかまでを確認することができます。建築条件付土地というものであればもともと地盤の調査を行っている場合もあります。そういう土地を購入することも方法のひとつです。

実際の地盤の強さを調べる

作業員

地盤調査は、建物を建てるさいに重要ですが、直接地盤を調べるものとして平板載荷試験があります。これは地質を見て調査するのではなく実際に地盤に負荷を掛け負荷のかからない部分との力計の変化の差を見て実際の地盤の状態を知ることができるというものです。

Copyright© 2017 安全に暮らすために大切な地質調査は必ずしよう All Rights Reserved.