1. ホーム
  2. 防火対策に関わるサポート

防火対策に関わるサポート

ヘルメット

火災から守る義務

火災から建物や人を守るための対策として、安全基準を調査していく防火対象物点検があります。これは平成15年度から始まった制度で、規定の建物の責任者に義務付けられています。防火対象物点検で行われる内容には、防火管理者の選任や防火計画の届け出を要します。その他には、避難通路や防火戸の適切な管理、消防用設備などの設置状況についても調査されます。このような防火対象物点検で必要な対策を行っていなければ、違反対象として罰則が発生します。反対に、適切な管理を行っている優良建物には、点検報告の義務を3年間免除される認定もあります。以上のことから、建物の責任者は防火対象物点検に従って適切な管理を行っていかなければいけません。詳しい知識や管理に時間がないような場合は、防火対象物点検をサポートする業者へ依頼していくこともできます。

サポート業務と点検の実施

防火対象物点検が義務付けられてから、建物の責任者には安全面での意識強化が徹底されるようになりました。しかし、これらを完璧に行っていくためには、それなりの労力がかかります。そこで、力になってくれる存在として、防火対策のプロがこれらをサポートしていってくれます。防火対象物点検の基準となることを1つ1つ教えていき、質問などにも分かりやすく答えてくれます。それで対策が整ったうえで、防火対象物点検を行っていき、その結果を報告書にまとめてくれます。こういったサポートや点検の実施をまとめて行ってくれるため、建物の責任者にとってはとても助かります。その道のプロが適切に案内してくれるため、それに従って対策を行っていけば負担になるようなこともありません。

Copyright© 2017 安全に暮らすために大切な地質調査は必ずしよう All Rights Reserved.