1. ホーム
  2. 実際の地盤の強さを調べる

実際の地盤の強さを調べる

作業員

建物を建てるさいに重要となるのが、その建物を支える地盤です。地盤が弱ければ建物の自重で沈む可能性がありますし、また軟弱な地盤であれば地震によって液状化などが起こるリスクが高くなります。このため建物を建てる前には地盤調査を行うことになります。地盤調査の方法としては地質地図を見て調べるほかに掘削のともなわない表面波探査などがあります。また高い信頼性があるのが、ボーリング調査で、実際に穴を開けてみて土砂の種類を調べることによって地盤の状態を調べます。もっとも確実なのはボーリング調査ですが、費用が高くなるので住宅などで行うケースはよほどのことですが、将来的な安心を得るためにも確実な地盤調査を行うことが重要です。

一方で地盤調査はあくまでも地盤の状態を調べるだけで、実際に行うとトラブルが発生するリスクがゼロというわけではありません。このため実際に荷重を掛けることで調べる平板載荷試験があります。平板載荷試験は、直接地盤を調べる方法であり実際に地盤へ掛かる負荷によって、変化する地盤の歪みを計測するというものです。平板載荷試験の仕組みとしては60センチ程度の穴を掘り、測定したい場所に載荷板と油圧ジャッキ、力計を設置してその上にブリッジを掛けて重機やトラックなどによって実荷重を掛けます。力計は直接負荷の掛かる油圧ジャッキのほか周囲四方にも設置します。周囲四方の力計は、基準梁と呼ばれるものによって結ばれて、負荷が掛かっていない状態では油圧ジャッキの力計と同じ状態ですが、載荷によって負荷が掛かることで力計に差が現れます。平板載荷試験では負荷が掛かる部分と負荷のかからない部分との差を計測することで、地盤の状態を直接知ることができます。

Copyright© 2017 安全に暮らすために大切な地質調査は必ずしよう All Rights Reserved.