1. ホーム
  2. 住宅地の地盤を調査する

住宅地の地盤を調査する

工事

地盤強度の重要性

住宅建築において地盤強度は重要です。どんなに立派な住宅を建てたとしても、地盤が十分な強度を持っていなければ、いずれ住宅は倒れてしまいます。そうならないためにも、きちんと地盤調査を行って、必要な地盤改良工事を施工する必要があります。今では、住宅建築の際に地盤調査は必須事項になっていますが、調査をすればいいというものではありません。適切な対応をとってこそ、地盤調査の意味があるのです。そのため、自分が住宅を建てようとしている土地の強度がどの程度で、どのような地盤改良工事が必要なのかをしっかりと聞かなければなりません。地盤改良工事は数百万円程度の費用がかかる場合もありますので、全体の予算にも影響があります。

複数の方法で調査

地盤調査の中でも最も一般的な方法が、スウェーデン式サウンディング試験と呼ばれる調査方法です。地盤に挿したドリルに荷重をかけていき、自重でどの程度まで沈み込むかで地盤の強度をはかるものです。地下の地質を取り出すわけではありませんし、ドリルの先がたまたま固い地盤にぶつかれば、そこで止まってしまいます。通常は、基礎をうつべき場所だけをチェックしますので、必ずしもそれ以外の場所も同じ強度であるとは限りません。ただ、簡易に検査するための方法としては一般的です。この調査だけでは心配な場合や、建物の重量が大変重いような場合には、複数の地盤調査の方法を行うことで、安心して住宅工事を行ってもらうことができます。

Copyright© 2017 安全に暮らすために大切な地質調査は必ずしよう All Rights Reserved.